ヤフオク実践記5(カテゴリ選択4)

今回はヤフオク実践記5(カテゴリ選択4)

として、

ヤフオク出品時にカテゴリーに関連して

いつも注意していることを記します。

 

「商品ページを如何に見てもらうか」です。

 

ヤフオクに出品して落札してもらうためには、

まず商品ページを見てもらはなければ

なりません。

 

例えば、「シャネル イヤリング」を例として

ご説明いたしましょう。

 

ヤフオクの検索窓で「シャネル イヤリング」を

検索すると、

約4,000件の商品一覧ページが表示されます。

 

「シャネル イヤリング」のカテゴリーは、

「すべてのカテゴリー>アクセサリー、時計>

ブランドアクセサリー>シャネル>

イヤリング、ピアス>イヤリング」

となっています。

 

このカテゴリーの約4,000件の商品の中から

自分の出品商品の商品ページを見てもらう

ことはなかなか大変です。

 

しかし、このカテゴリーの商品一覧ページの

上部に自分の商品ページを掲載することが

「注目のオークション」でできます。

 

「注目のオークション」は

ヤフオクの有料オプションです。

「1日の設定金額×オークション残日数

=請求金額」

となります。

 

表示順位は「設定金額順」です。

 

「出品ページ」の

「注目のオークション設定」から

「注目のオークション設定ページ」

へ行くと、

他の出品者の設定金額が示されているので、

これを参考に設定金額を決めます。

 

一般的に、

高額商品であったり、

人気商品で競合が多い場合などには

設定金額が高くなります。

 

「シャネル イヤリング」の場合、

12件の注目のオークションが

設定されていました。

1ページで20商品が表示されます。

この場合は、1ページ目に表示される

ことになります。

 

ちなみに、

「シャネル ショルダーバック」の場合、

9ページ180件の注目のオークション

が設定されていました。

(カテゴリー内の商品は約5,000件です)

 

自分の商品ページを見てもらうためには、

「注目のオークションの設定」は

非常に有効なオプションだと思います。

 

出品商品の価格により自ずと

設定金額が限られてくると思いますが、

競合商品との関係などを見ながら

金額を設定することが重要です。

 

オークションの期間の中で設定する日数を

少なくしたり、

カテゴリー全体の「注目のオークション」

の順位変動などを確認しながら

設定金額を増額したり、

しっかりフォローすることで効率よく

「注目のオークション」を活用しましょう。

 

出品カテゴリーの中で上位表示されれば、

自分の商品ページへのアクセスが確実に

増えます。

 

アクセスが増えればブックマークされる数、

すなはち「ウォッチ件数」が増えてきます。

 

「ウォッチ件数」が増えてくれば

「入札」も近いといえます。

 

「注目のオークション」を上手に使い

アクセスを稼ぎ

「ウォッチ件数」の動きに注目しましょう。

 

アクセスが増えても、

「ウォッチ件数」が増えない場合、

アクセス以前の問題があるかもしれません。

 

すでにご説明した「写真の撮り方」

「説明文の書き方」などに問題はないか。

また価格設定自体に問題はないか。

商品ページを見直す必要がありそうです。

 

「商品ページを如何に見てもらうか」

を考える上で、

出品カテゴリーのなかで上位表示できる

「注目のオークション」の活用は

非常に重要です。

 

 

応援いただくと励みになります


人気ブログランキングへ

ヤフオク実践記5(カテゴリ選択4)” への2件のコメント

    • コメントありがとうございます。
      「注目のオークション」うまく使うと
      かなり効果があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です